切削加工の定義や特徴を知り部品の製造に活用

切削加工は金属や樹脂、プラスチックなどを使った部品の製造に用いられる加工方法です。切削加工には定義があり、事前に定義を知ることが大切です。厳密な定義はないですが、一般的には工具を使って不要な部分を取り除き欲しい形状を作る加工方法を指します。旋盤やボール盤などによる加工が広く知られている切削加工には、様々な特徴があります。

他の加工方法に比べると、高い精度を得られます。金型などの準備も必要訳、少量生産にも大量生産にも対応できます。アルミニウム合金やステンレスなどの金属に加えて、プラスチックも加工に使われます。射出成形では難しい形にも対応できるため、加工治具や試作品にも使われています。

向き不向きはあっても、基本的に加工できない材料はないです。要求に合わせて自由に精度や表面の粗さを調整でき、射出成形に比べて初期投資を抑えられます。材料を加熱する加工方法だと大きな設備が必要になり、費用も高額になります。切削加工は除去加工の中でも経済的で、精度とコストのバランスが取れています。

物理的に工具が入らないと加工できないため、深さがある内面の加工は難しいです。切削加工で使う工具の刃先には強い摩擦が起こるため、熱が発生して仕上がりに影響する場合もあります。材料を回転させて工具で加工する旋盤加工は、NC旋盤や汎用旋盤などが使われます。同じ形状でも加工の工程や使用する材料を工夫すれば、コストの削減に繋がります。