切削加工を行う際に事前に設計が必要な問題点

自由自在に設計図通りに自動的に加工を施せる切削加工では、主に金属加工を行う工場では必需品になります。一般的には旋盤やフライス盤などが有名な機械器具になりますが、最高峰とも言えるマニシングセンタを導入している工場も少なくはありません。切削加工を行う上では問題点というものがあり、金属を事例にすると削ったり穴を開けたり、溝を掘ったり角丸にしたりと金属を削り取る部分が多く出てしまいます。削り取られた金属は廃棄物になることが多く、この内容は問題点として各工場で対応をしている重要な部分です。

削り取る部分を最小限にしながら、設計図通りのパーツや製品を作り上げるには、材料のサイズを完璧に計算しないと材料費が無駄になってしまいます。切削加工では1度の作業で1品だけを作り出す方法だけではなく、1つの材料から複数のパーツを作り出す方法もあるので、材料の問題は機械器具に頼るのではなく、設計段階で無駄が生じないように徹底した計算と図面を描くことは欠かせません。無駄を生じさせないことで各メーカーでは商品の価格を引き下げることができたり、昨今問題視される地球環境の問題もクリアすることに成功します。削り取る金属部分を最小限にするには、図面はパソコンソフトで3Dで作り出す方法があります。

後は材料を仕入れする際に適合するサイズを指定することで、無駄を最小限にしながらも高品質で狂いの無いパーツや製品を大量に作り出すことに成功できます。