切削加工は複雑な形状でも問題にしない特徴があります

切削加工の基本的な特徴は、金属など対象物に対して穴開けを施したり溝を作る方法、カット作業や角を落とす作業など単純な作業内容をあげることができます。本来の能力と特徴では、非常に複雑化した形状のパーツ類などを作り出すことも可能としており、事例の中には規格品以外のネジやボルトを作ることと、ボルトに適合するナットやワッシャーの製作も自由自在に行えます。ネジ類の場合はネジ山の問題がありますが、切削加工機では常に同一で常に狂いの生じないネジやボルトを作り出すことができます。用いる機器による違いはあるものの、短時間で大量生産を行えることも特徴です。

オリジナルパーツを製作するにはかなり貢献する機械器具になり、金属加工を専門に行っている工場においては切削加工機は必需品です。カットや穴開け、ねじ切りなど基礎的な加工だけではなく、他にも自由な発想で物作りを行えることも特徴です。例えば蒲鉾状のような立体構造物を作りあげたり、お洒落な金属製のフェンスなどの装飾品も作ることができます。意外と身近なシーンで切削加工の技術で作られたものはあり、ドアノブやレバー類、照明器具用の傘や装飾品、高級感あるボールペン置き、写真のフレームなどの中にも採用している商品は実在しています。

他にも自動車パーツや家電製品のパーツなど、見えない位置で使用される重要な金属パーツでも切削加工機が無ければ作れないパーツが山ほどあることも特徴的です。