プラスチック加工の主流でもある射出成形

プラスチックは様々な用途で活用される材料ですが、プラスチックは樹脂とも呼ばれるもので射出成形と呼ぶ成形手法で加工が行われるのが多くなっています。射出の中が付いているのが特徴ですが、この手法は樹脂を加熱可塑化する工程と可塑化した樹脂を高圧の状態で金型内部に主出する2つの工程に分けることができる、そして高圧の状態で金型内部に射出することか射出成形の名前が付けられています。また、金型内部に射出した後は、ある程度時間をおいてから金型を開いて部品を取り出すなどの工程があります。成形の手順としては、最初に成形機のホッパーと呼ぶ材料供給装置にプラスチック樹脂材料を投入すると、ホッパーから落下するペレットをシリンダー内部のスクリューの回転運動で前方に送り出します。

材料を投入するのは人が行う必要がありますが、投入後は射出成形機が自動的に運転するので作業者は装置の監視に専念することができるわけです。ペレット部分はシリンダー内のヒータで可塑化されて、スクリューの回転により成形機の前方にためられる、一定量がたまると溶解した樹脂材料をスクリューを使い高速かつ高圧な状態で金型内のキャビティーに射出する、キャビティー内で加圧および冷却、そして固まった状態で金型を開いて部品を取り出す、これが射出成型の主な流れになります。なお、キャビティーというのは、部品を形作る金型内の溝を意味するもので、成形を続けているとキャビティー内の形状が変わるなど定期的な金型の保守管理が必要です。射出成形のことならこちら