射出成形の仕組みを把握する

プラスチック製品は身の回りに多く有りまして、例えばペットボトルや容器など日常的に使用されるものを始め、電化製品や自動車など大きな部品も有ります。これらのプラスチックは射出成形を行って成形が行われ、金型と呼ばれる製品と同じ形状を持った型の中に熱を用いて溶かしたプラスチックを注入して、中で固める事によって製品を作る仕組みとなっています。プラスチックの材質には多くの種類が有りまして、代表的な材質としてポリプロピレンやポリカーボネート、ポリエチレンが挙げられますが、射出成形は多くの材質に対応します。射出成形の仕組みを簡単に説明しますと、最初にホッパーに粒状の樹脂ペレットを投入して、これをヒーターで加熱されたシリンダーに入り、ここで溶かされながらスクリューで樹脂が混ぜられます。

そしてスクリューが金型側に押し出されて樹脂が金型内に射出されます。金型内で樹脂が硬化するまで保持されて、その後に金型が開いて製品が排出される仕組みです。この射出成形のメリットとして、金型に複数のキャビティが彫られていますと、一度の射出で何個もの製品が同時に成形出来ますので、量産性に優れる点が挙げられます。また色々な大きさや形状の製品を作り出せて成形後の表面がきれいなので、他の工法と比べて仕上げ加工が少なくて済み、製品部分と材料が通って来る通路を切り離したり、必要に応じてバリ取りを行う程度で済む事からも高い量産性が確保出来ます。