射出成形の仕組みと実際に製造される製品の事例

製品作りを行っている工場では、素材をプラスチックにして商品を作り出している工場も沢山あります。この作業工程で用いられている機械には射出成形と呼ばれるマシンがありますが、その仕組みは意外とシンプルですが汎用性が非常に高いという特徴もあります。射出成形の仕組みは、まずは金型を製作することが必要です。製造する商品の図面通りに金型を作るのですが、自社内で製造できない場合は金型の専門会社があるので任せた方が間違いがありません。

この金型は1つの製品に対して2枚を必要としており、挟み込む形で作業を行います。次に射出成形のマシン側にはプラ素材を入れる部分が設けられているので、材料を投入することで熱を発生させながら液体状に溶かすことが基本です。溶かしたプラ素材は正面側に設置をする金型に向けてノズルから噴射をさせる方法になり、噴射が終わった段階では冷却を施してから製品を落下させることが仕組みになります。この方法であれば複雑化している形状の製品でも気泡が入らずに綺麗に成形することができ、品質を常に一定にすることが可能です。

更に材料を補充するだけで半自動的に一連の作業を行えるので、大量生産を行う工場にとっては大きく時短を行えることで恩恵を受けることができる加工法です。製品においてはプラ素材であれば殆どの製品を対象にでき、食器類や雑貨系、生活用品など身近な商品の他、自動車パーツや家電製品のパーツを製造する際にも活躍をしています。