射出成形とはプラスチックの量産に適している方法

射出成形とはプラスチックの形を作る方法のひとつで、金属で作った型を使用するのが特徴です。あらかじめ職人の手やコンピュータによって作っておいた金型は、2枚以上が組み合わさるようになっています。そして熱によって溶かしたプラスチックをその中に流し込み、固めた後で、型を分解するとプラスチックの製品ができている形です。その射出成形のメリットとは、複雑な形状にも対応できる点です。

金型に合わせて形が作られていくため、金型さえ用意することができれば、その通りに作ることが可能です。溶けたプラスチックが入り込めないほど狭い部分や、固まる際にプラスチックが変形してしまうような厚みがなければ、作れる形は幅広いです。その射出成形とは主に、プラスチックの量産に向いている方法でもあります。金型は一度作ってしまえば、何千回何万回と繰り返して使用できます。

プラスチックよりも金属の方が強いので、当然のことです。また使用していって金型が摩耗したとしても、メンテナンスによって再使用できる状態に戻せる場合があります。さらにプラスチックを流し込んで固めるという流れは、機械によって自動化することも不可能ではありません。もし自動化が実現できると、早いスピードで複雑な形状のプラスチック製品をいくつも作り上げられます。

その際に人がしなければならないのは、素材となるプラスチックの補充や、完成した製品の管理、機械のサポート程度で済みます。