切削加工の意味とはなにか

切削加工は工具を使い素材を削る加工の意味で、主に金属や樹脂のプラスチックを対象に、形を削り出すやり方として用いられています。木材の鉋がけも一種の切削加工ですし、刃物を使い削り取って形を出していく意味は、特定の素材に限らず共通だといえます。切削加工といっても水平に削り出す方法だけでなく、回転する工具を使って削るやり方もあります。金属やプラスチックの分野では、旋盤加工とフライス加工が切削加工の主役なので、円柱形や穴をあけた内側などの加工が得意です。

勿論、切削の意味には穴あけそのものやネジ穴の溝掘り、砥石などで削る研削仕上げ、平面を出すきさげ加工も含まれます。切削加工の意味はこのように範囲が広く、削るという点は同じですが、使用する工具や作業のやり方はまるで違います。近年は機械化が進み自動で行われる工程も増えていますが、人の手による職人作業的な部分も残ります。コンピュータ制御なら先に設計を済ませて後は任せるだけですし、金属であれば金型不要で簡単に試作に入ったり修正を繰り返すことができます。

ワンオフのパーツを作るのにも向いていますから、1点ものが欲しいというニーズに応えられますし、大きな素材や厚みのある素材にも対応できるのが強みです。ただし、大量生産には向かず1点でも相応のコストは掛かりますし、素材から発生する切り屑もコストの一部になるなど、言葉の意味だけでなくメリットやデメリットも理解した上で選択する必要があります。