切削加工では材料の特性が及ぼす影響にも配慮

切削加工で使われる材料には様々な種類があり、特性も異なります。切削加工を行う場合は、材料の特性が及ぼす影響にも配慮します。物の形状を作り出す加工技術の中でも、切削加工は高い精度を誇ります。自由に精度を調整できるので、求められる加工に対して柔軟な対応が可能です。

金型が不要なので製作する個数の制限が少なく、初期投資の費用を抑えられます。切削加工では効率的な切削条件の選定が必要で、切削速度は使用する工具の寿命に大きな影響を及ぼします。切削条件による様々な影響を把握して、工作機能の性能を踏まえて工具を決めます。切削温度が上がると工具の寿命が短くなるので、工具の選択も重要です。

切削加工には2種類の加工方法があり、転削加工は材料を固定して工具を回転させます。回転させた材料に工具をあてる旋削加工は、様々な分野で広く使われています。旋削加工では様々な工作機械が使われ、加工の方法により使い分けます。加工では精度の高さが重要になるので加工する材料の形状や材質、硬さを頭に入れて工具を決定します。

適切な機械を使用するだけでなく、効率的な切削条件の選択も大切なポイントです。金属加工で素材と刃が摩擦し合うと抵抗力が生まれ、抵抗力の大きさは工具の回転速度や素材の種類により変化します。素材と工具の相性が悪いと、工具の耐久性が下がり製品の品質にも影響します。事前に回転速度や素材の特徴を把握して適切に対処すれば、抵抗力の軽減に繋がります。