切削加工で重要な切削条件による影響

工具を使って金属など様々な材料の穴を開けたり削る加工技術は、切削加工と呼ばれています。一般的な切削加工は、設計図に基づき材料を仕様通りに加工する工作機械を使います。切削加工で重要なのは、切削条件による影響です。切削条件が及ぼす影響を事前に把握してから、加工を行います。

切削速度は工具の寿命に影響し、切削速度が速いと温度が上昇して工具の寿命が短くなります。削る材料の硬さや種類により切削速度は異なりますが、対応できる工具の適正な選択が重要になります。工業分野で使われている工作機械は、デジタル化が進んでいます。日本では様々なメーカーが工作機械の利用方法を工夫し、技術を磨いて治具や工具を作り出します。

最先端の工作機械には様々な種類があり、工作機械に合わせて調整を行います。工作機械は、使用する機会の特性を熟知して使いこなす工夫が必要です。物体に力を加えると変形しますが、変形に抵抗する力も発生します。目的の精度で切削加工を行う場合は、加工精度に影響を及ぼす力も重要なポイントです。

物体は温度が上昇すると膨張するので、温度管理も大切になります。工作機械を使うと部品が発熱するので、工作の対象物の温度も上昇します。機械の稼働時間が長くなる場合は、特に熱変形に対する配慮が必要になります。工具を使って材料の一部を削り取る切削は、工具が一直線上に移動して行われます。

加工では力が干渉し合って抵抗が生まれるので、工具の抵抗力の違いにも配慮します。切削加工の影響のことならこちら