射出成形の種類は色々ある

射出成形にはいくつかの種類がありますが、基本的な仕組みは変わりません。熱で溶かしたプラスチック樹脂を金属の型に流し込み、冷やしたり加熱したりすることで形を固定させます。そして厚すぎたり薄すぎたりしない限り、幅広い形に対応することができ、複雑な形にも仕上げられるのが特徴です。そんな射出成形のオーソドックスな種類は、ただ型に溶かしたプラスチックを流し込み、冷やして固めるものです。

素材の色は多種多様ですが、原則として1色で仕上がります。ただ中には複数の色で成型できる種類もあります。それは最初にひとつの色を型で固定して形を作った後、別の樹脂を組み合わせるものです。そうして2色から4色まで、カラフルな製品が作られている例はあります。

また射出成形では基本的に、デザインは凹凸のみでしか表現することができません。あくまでもシルエットのみが変えられて、複雑なデザインには対応していません。色を変えられる場合も、そこまで細かなデザインを作るのは不可能です。そんな時にはインモールド成形という種類が選択され、あらかじめ複雑なデザインが施されたフィルムと組み合わせるものです。

あらかじめ方にはフィルムが入れてあり、そこに樹脂を流し込むことで、表面に文字やイラストのような細かな意匠を組み合わせられます。そのインモールド成形は車のコンソール部分や、テレビのリモコンの文字表示など、ジャンルを問わず色々なところで採用されています。