プラ製品には欠かせない射出成形の複数の種類

樹脂材を原料としてプラスチック製品を作り出す方法には、射出成形という方法があり、資材を無駄にしない加工方法になるので多くのメーカーが採用しています。豊富なメリットがあり、金型を1度作ると大量に同一のプラスチック製品を作り出すことができるので、樹脂材の色を変更したりとバリエーションを持たせる際にも役立ちます。自動運転も可能としている射出成形機では、人件費のカットや時短を行うことも出来るので、商品の製造単価を小さくできることもメリットです。この技術は全国各地のメーカーが導入をしているものですが、実際には射出成形といっても複数の種類があり、使い分けをしながら製品作りを行っているメーカーも存在します。

種類の中には、低圧成形や圧縮法などがあり、変形や歪を起こさない方法になるので非常に精密な製品やパーツを作る際に用いられています。ガスアシストという種類もあり、この方法は金型に熱で溶かした樹脂材を噴出させた際に、ガスを送り込むことで精度の高い製品作りを行える他、材料を少なくできるメリットもあります。二色成形という種類では名称通りに2つの金型を用いて2色の樹脂材で成形する方法になり、分離せずに一体化することを目的にしています。他の方法では大きく手間が掛かってしまう技法ですが、射出形成であれば1度で作業工程を終わらせることが可能です。

インモールド成形の種類では、金型の奥側にデザインなどを印刷したフィルムを送り込み、樹脂材を射出することで表面に任意のデザインを付けられる方法です。後からシールを貼り付ける作業と比べても、コストカットは勿論のこと、作業工程を減らすことができるので大量生産する際には特に役立つ技術です。