射出成形の種類を把握する

最近では様々な分野の製品において、小型化や軽量化が求められる様になって来ており、これに伴い従来は鉄系材料で作られていた部品が樹脂に変更されるなどしています。樹脂で部品を作る際に多く用いられる工法が射出成形でして、これは樹脂材料をホッパーに入れてからシリンダー内に導入され、ここで加熱が行われて流動性が与えられた後に、樹脂の硬化温度に設定した金型の中に射出して、樹脂を硬化させてから取り出す物です。射出成形には複数の種類が有りますので、それらの原理や特徴を把握しておく事も大切となります。最初に挙げられるのが低圧成形で、これはバリや変形を少なくする為に、低圧で射出成形を行う工法です。

次に射出圧縮成形の工法が有りまして、これは金型内に樹脂を射出した後に、圧縮成形を行うもので、光学レンズなどの製造に用いられています。またガスアシスト射出成形は、樹脂を射出した後に加圧した不活性ガスを金型内に注入する事で、成形品の内部に中空部を形成させる方法です。これ以外の種類に二色成形が有りまして、一つの成形機の中に2つの金型内に、2組の射出ユニットによって材質の異なる2つの樹脂を射出して一つの成形品を作る方法で、この方法の特徴は2つの材料から一つの成形品を得られますので、人件費や工程削減などを実施する事が出来ます。この様に、射出成形には幾つかの種類が有りますので、製造する部品の仕様にあわせて最適なものを選定する事が大切です。