射出成形の優れた仕組みについて

射出成形は溶かしたプラスチックなどの素材を金型に注入し、冷やして任意の形状を得る加工技術です。仕組みは非常に簡単ですが、高品質な製品を素早く大量に製造できるため生産性が向上します。射出成形機はコントローラーと射出部、型締め部という3つの部分で構成されています。射出部で溶かされた素材が型締め部の金型に注入され、冷えて固まったら任意の形状を得ることができるという仕組みです。

この装置は構造が単純なため扱いやすいものの、実際に高品質な製品や部品を作るためには金型の型締め力が重要になります。金型には可動側と固定側があり、前者が後者に接近して金型を閉じることを型締めと呼びます。射出部のホッパーから投入したプラスチックは、シリンダーの熱で溶けて噴射ノズルから金型に注入されます。溶けたプラスチックを金型内に充填するので非常に強い圧力がかかりますが、型締め力が弱いとバリが発生して品質が低下します。

加工物に耐える型締め力を備えた金型を使えば、バリの発生を抑えて高品質な製品や部品を作ることが可能です。射出成形の仕組みを適切に利用すると、様々な形状や大きさの製品や部品を大量生産できます。複雑な形状にも対応しており、加工後は仕上げなどの工程がほとんど不要なので効率的です。金型を作るには一定のコストがかかりますが、後は材料だけを用意すれば製品や部品を製造できます。

大量生産によって総合的なコストが安くなるので、製造業の様々な現場で射出成形が行われています。