加工技法の射出成形の仕組みと作業工程の一連の流れ

物作りを行う工場では、メーカーによって様々なジャンルの商品の製造を行っています。その中にはプラスチックを材料として商品を作る工場もあり、素材の原料は小さくても、大きなサイズの商品へと加工することができるので、材料の保管を行う際にも倉庫を圧迫してしまうこともありません。プラスチック加工では射出成形という方法が採用されており、その仕組みは至ってシンプルです。射出成形の本体側には材料を入れる容器が取り付けられていて、先端部分には材料を吹き出すためのパーツが取り付けられています。

この先端部分の正面には、商品に合わせた金型を設置する場所があり、金型は通常は2枚セットで挟み込むように製作しておく必要があります。金型を設置して射出成形機を使う仕組みは、材料を入れるタンクは過熱を行う仕組みを持っており、固形物の材料を液体状にすることが最初の流れです。液体状になった段階で金型に向けてプラスチック素材を噴出させることで、金型通りの商品を瞬時に作り上げることを可能にしています。他の方法では金型に気泡や異物が混じってしまう可能性はありますが、射出成型機は圧力を高めて噴射させられる機械器具なのでロスを軽減することにも成功します。

噴射後は冷却を行いますが、この際に金型内でプラスチックが肉痩せを起こしてしまうことなく、自動的に完成商品を送り出す機能性もあるので、タンク内の材料の量を確認するだけで、基本的には無人でも操作できるメリットも特徴です。同一の金型で色違いの商品を製造する際にも余計なコストが掛からない方法なので、金型は難度でも再利用できる便利さもあります。