射出成形とは何ですか

射出成形とはプラスチックの一般的な成形方法の一つで、金型の中に熱を加えて溶かしたプラスチックを注入して金型の中で固めることで製品を作る方法を言います。プラスチックの材質とはポリプロピレンやポリエチレン、ポリスチレン、ポリカーボネート、ABSなどが代表的なものが、射出成形はこれらの材質に対応しているほかに、これら以外のプラスチックの材質にも適します。私たちの身の回りで接する多くのプラステック製品、例えば自動車の内装やスマホの外装などを始めとする製品はこの成形方法で作られているのです。射出成形のメリットとは一度金型を作成すると、一度の射出で何個もの製品が可能なので量産性に優れていることです。

成形に要する時間は作成する製品の大きさにもよりますが1サイクルの時間は秒単位となります。また射出成形はいろいろな形やサイズのものが作れ、小さいものから大きなものまで作成でき、その幅が実に広いのは汎用性が高いことを示します。プラステック製品の表面が滑らかであるように、この成形方法は他の方法と比較すると仕上げ加工が少なくて済むので、それにかかるコストが抑えられて経済的です。しかし反面射出成形のデメリットとは金型を使用していると射出して硬化後に金型から抜ける形状にしなくてはならないので、形状の制約が多少あります。

また金型があることがこの成形法の前提で、その金型の製作に数か月もかかることもあり、多品種で少量生産にはこの成形方法は不向きだと言われています。射出成形とはのことならこちら