射出成形のさまざまなメリット

現代人の身の回りにはさまざまなプラスチック製品が存在しますが、それらの多くは射出成形と呼ばれる技術で製造されています。いわゆる均一ショップで売られているバス用品やトイレ用品は言うに及ばず、食品の容器、携帯電話の筐体部分に至るまで、この技術を用いて作られた製品は枚挙に暇がありません。プラスチックには熱を加えるとやわらかくなり、冷えると固化するという特性がありますが、射出成形ではこの特性を製品づくりに生かしています。すなわち、いったん加熱して液状にしたプラスチックを金型の中に流し込み、冷やし固めることで成形を行います。

同じような特性をもった他の原料、たとえばポリプロピレンやABS樹脂なども扱うことができます。射出成形技術における最大のメリットは、大量生産に向いているという点です。金型は一度作れば何度も利用できるため、後は原料の温度や分量などを管理すれば、同一の品質を持つ製品を繰り返し製造することができます。また、製品の形状やサイズの自由度が高いというのもメリットの1つです。

基となる金型さえ製作できれば完成品の形状等はそれに依存するので、極小のものから大型製品まで多種多様なバリエーションが生まれます。大きなサイズの製品としては、自動車のバンパーなどがその具体例となります。また、仕上げプロセスが他の成形法に比べると簡易であるというのも、メリットの1つに挙げることができます。切削加工のように大量の切りくずが発生することはありませんし、表面の研磨などもほぼ必要ありません。