射出成形には様々な種類が存在します

射出成形とは金型を使ってプラスチックなどの合成樹脂を加工する技術で、低圧成形や射出圧縮成形など様々な種類があります。例えば低圧成形は金型内の圧力を抑えながら加工方法で、ガス焼けなどの不良を防ぐことができます。収縮率を抑えて金型の転写性を改善するには圧力を高める必要がありますが、圧力が高くなるほどガス焼けなどが起こりやすくなります。低圧成形を行えば型締めの圧力が下がるので、バリの発生などを防いで製品の品質を高めることができます。

射出成形と圧縮成形を組み合わせた種類の加工方法は、射出圧縮成形と呼ばれています。この方法では圧縮ストローク分だけ空間が残った状態の金型内に溶けた樹脂を射出圧縮するので、歪みを抑えることが可能です。光ディスクや光学レンズなどを製造する場合に、この種類の射出成形方法が採用されています。二色成形は1台の成形機内に2つの金型が装着されており、2組の射出ユニットから材質の異なる2種類の樹脂を射出できます。

この方法だと2種類の材料から1つの製品を作るため、組み立てのための工程が少なくなり人件費などのコストを削減できるというメリットがあります。インモールド成形は予めデザインが印刷されたフィルムを金型内に挿入し、製品を製造します。2次加工として塗装や印刷、転写などを行う必要がなく金型内で加工と表面加飾を同時に行うことができます。この方法には、2次加工の際のトラブルで不良品が発生しないというメリットがあります。

インモールド成形は自動車部品や家電部品などの衣装付に最適です。