射出成形にはどんな種類があるのか

生活や仕事に役立つ商品にも色々な種類がありますが、プラスチックで作られたものも多く存在します。プラスチック製品にも実に多くの種類があり、それぞれ違う形状をしています。これらの商品がどのように成形されているのか、どんな加工方法なのかと気になっている人もいるのではないでしょうか。プラスチックの一般的な加工方法のひとつに射出成形があります。

これは、金型を製品を加工する方法です。金型の中は空洞になっており、そこに熱で溶かしたプラスチックを流し込み冷やして固めて成形していきます。射出成形の良いところは、同じ製品を大量に作成できるということがあげられます。金型を作るのはやや手間もかかりますが、そのかわり、一度金型を作っておけば複雑な形状のものでも、連続して大量に作ることができます。

射出成形にも色々な種類がありますので、それぞれの加工方法や違いについても知っておきたいところです。低圧成形は金型内部の圧力を低くして行う方法です。高い圧力で成形をしようとするとガス焼けなどの不具合が生じることもありますが、低圧にすることでそれを防ぐことができます。圧縮成形と射出成形を組み合わせた射出圧縮成形と呼ばれる方法もあります。

これは微細ひずみの発生も許されない光学レンズや光磁器ディスクなどの加工に向いている方法です。さらにインモールド成形と呼ばれる加工方法もあります。デザインが印刷されたフイルムの内部に挟み込んで成形する方法です。複雑なデザインにも対応でき、表面加飾ができるのも良いところです。