射出成形の意味と種類

プラスチックなどの合成樹脂を加工するとき、射出成形という方法で形作ることがあります。熱を加えると柔らかくなって形が変えられえる樹脂の場合に用いられる方法で、加熱で軟化した樹脂を金型に入れて充填して冷やし固めることで成形をします。金属を加工するときの金属鋳造も金属を溶かして型に流しいれて生計をするという方法がとられますが、樹脂場合は金属の鋳造よりも低い温度で勝つ高い圧力をかけて成形をするところが金属鋳造との違いです。射出成形には、「低圧」「射出圧縮」「ガスアシスト」「二色」「インモールド」「反応」と種類があります。

低圧成形は金型内部の圧力を低くして行う成形の方法で、高圧で行うよりもガスやけやバリなどのトラブルが起こりにくくなるというメリットがありますが、精密な圧力の調整が必要になります。射出圧縮は金型の空間部に余白を作りながら樹脂を注入し圧縮成形を行うもので、金型の空間部の圧力を一定に保たなければいけないため少しにひずみも許されないような光学レンズなどに用いられる方法です。ガスアシストは金型内部に流しいれた後不活性ガスを注入して成形をする方法で、医療機器や自動車機器の製造などに使われ、少ない材料でも加工できるところがメリットです。二色成形は2つの金型に2種類の樹脂を射出したあと、ひとつの金型で成形をするという方法です。

インモールドはデザインが印刷された金型に入れ表面を過食するための成形法で、反応射出成形は数種類の材料を化学反応を起こすことで成形をするという方法です。