射出成形のメリットと生産性について

射出成形のメリットはプラスチック製品を低コストで大量生産できる点にあります。金型に溶けたプラスチックなどの合成樹脂を流し込み、冷やして任意の形状を得るのが射出成形です。スマートフォンやテレビ、パソコンの他に自動車の部品やハサミの取手など様々なものがこの技術で作られています。デメリットは金型を製作するのにコストがかかる点ですが、生産量が増えるほど1個あたりのコストが下がるので問題はありません。

射出成形機を使えば、連続的かつ迅速にプラスチック製品を作ることができます。製造業の現場では、コンピュータが自動的に加工条件を制御するタイプの射出成形機が普及しています。熟練のスタッフが手動で作業を行えば非常に高品質な製品を作ることができますが、完成までに時間がかかります。生産性が低いと人件費が高くなるので、リーズナブルな価格で製品を提供できません。

高度な技術を習得するには時間がかかり、失敗によって材料が無駄になってしまうことがあります。コンピュータが加工条件を自動的に制御すれば、均一で高品質な製品を短時間で大量生産できます。スタッフの能力によって製品の品質に差が生じることはありません。顧客の求める製品を素早く大量生産できるので、短い納期で納品できるというメリットもあります。

品質と価格、納期は顧客の満足度に大きな影響を及ぼします。高品質な製品を低価格で素早く納品できるほど、顧客満足度が高まり売上増加につながります。射出成形機のメリットを活かせば、高品質で低価格な製品を短い納期で提供して売上を増加させることができます。