射出成形とその他の種類の組み合わせが効果的

射出成形は非常に効率の良い方法となっていますが、さらにその他の成形方法と組み合わせることでより高い効果を発揮します。その他の種類の成形方法には押出成形や金型成形、ブロー成形などがあり、それぞれ独自の効果を示すものとなっていますが、様々な問題が生じることも少なくありません。この問題を射出成形と組み合わせることによって解決することができ、また美しい形状を実現することも可能となります。押出成形は材料を軟化させ、スリットなどから押し出すことで一定の厚みのシートなどを作る技術ですが、射出成形の技術を用いて高速で射出することで加工スピードを高めることができるほか、その厚みを一定に保つことができるようになります。

金型の場合には特に形状が複雑になった場合に、その部分にまで材料が行き渡らずに不完全な形となってしまうことが多いのですが、射出成形の技術を用いて高速で材料を金型に吹き付けることで、細かなところにまで材料が行き渡り効率の良い作業を行うことが可能となるのがポイントです。ブロー成形は中空のペットボトルなどを作るのに適した技術ですが、それぞれ半分に区切った金型を利用してこれを合わせるものであるため、接合部が強度的に弱くなると言う欠点があります。射出成形の技術を用いることであらかじめ形作られた金型にまんべんなく射出をすることができ、接合部がなくなるとともに安定した形状を実現することができます。これらの種類を上手に組み合わせることで、これらの種類の単独の加工方法では実現できなかった様々なメリットを生み出すことができるのが、非常に大きな効果となっています。