射出成形以外の整形方法の種類

射出成形は効率的に様々な材料の成形を行うことができる方法であり、非常に広く用いられていますが、材料の性質によってはその他の種類の方法を用いた方が良い場合も少なくありません。しかしその種類のほとんどは金属やプラスチックなどに熱を加えて軟化させ、行う方法が主流となっています。その種類の中でも一般的によく用いられるのが金型による成形です。この方法では軟化した金属やプラスチックなどを金型に流し込むことにより、これを冷やすことで金型に沿った形に成形することができ、様々な形を生み出すことができると考えられてきました。

また、特に切削加工による成形に比べて細かな部分の成形が容易なことや、特に壊れやすいプラスチックなどの場合には短時間で美しい形を生み出すことができるため、広く用いられる方法となっています。しかし金型に軟化した材料を流し込む方法の場合、その材料が冷える前にすべての材料を流し込まなければならない上、特に形状が複雑な場合にはその部分に材料が流れ込まず、トラブルになる場合も多くなっています。そのため理論上は複雑な形状を実現できるとは言っても、その形には限りがあるのが実態です。射出成形は単純に溶解した材料を射出するだけと思われていますが、実際には金型と組み合わせることでより効果的な成形を行うことができるものです。

短時間で大量の材料を金型に流し込むことができるほか、圧力をかけることができるので隅々まで材料が行き渡り、ムラのない加工を行うことができるのがメリットです。射出成形の他の種類の成形方法は、実際には射出成形と組み合わせて使うのが効果的です。