射出成形の種類と特徴について

射出成形とは樹脂をシリンダの中で溶かした状態にして、これを樹脂の硬化温度に設定した金型の内部に射出し、硬化させた後に型から外すものです。樹脂材料は自動車や家電製品を始めとして日用品や食品など幅広く使用されており、これらの部品製造時に射出成形が用いられています。これには6つの種類が有りますので、活用検討される方は各種類の特徴やメリットなどを把握しておく事も大切です。低圧成形は樹脂の射出圧力を低くして行うもので、成形品のバリや変形などを防ぐ事が出来るメリットが有ります。

また射出圧縮成形は射出と圧縮を組合せたもので、成形ひずみが少なく出来ますので、光ディスクや光学レンズなどの製造に適しています。次にガスアシスト射出成形があり、樹脂を射出後に加圧された不活性ガスを金型の内部に注入する事で成形品に中空部を作る方法です。この種類の特徴として肉厚が不均一でソリの少ない成形品が得られ、軽量化を図れる点が挙げられます。二色成形は2つの金型内に2つの射出ユニットを用いて材質の異なる樹脂を射出し、一つの成形品を作るものです。

これによって組立てが不要となりコストを安くする事も可能です。インモールド成形は予めデザインが印刷されたフィルムを金型内に挿入してから射出を行う物で、成形と同時に表面を装飾できるメリットが有ります。反応射出成形はポリウレタンの成形法として開発され、自動車のバンパーなどを製造しています。射出成形の種類のことならこちら