射出成形におけるメリットについて

射出成形のメリットとは、プラスチックを成型するうえでメリットを受けることができます。受けられるメリットは大量生産が可能である点や、仕上げ加工の必要性がない点サイズや形をある程度自由に整形可能である点です。まず、大量生産が可能であるという射出成形の利点ですが、これは金型さえ作り上げることができれば金型が損傷しない限り半永久的に大量生産を可能とするという利点です。しかも金型に高熱のプラスチック材を流し込んでから冷却をする旧来の方式と異なり、金型に流し込んでから即座に冷却を可能とする仕組みが射出成形であるため金型が熱で劣化しないという恩恵も付属します。

次に、仕上げ加工や形にサイズを自由に変えることができる点についても、射出成形はシリンダーをモーターで駆動させ、空気により射出することで素材となるものを金型側に排出するという仕組み上、複雑な形でも樹脂材がきれいに隅々まで流れ込むという特性があります。このメリットを生かすことができれば複雑な形や金型の大きさを変えることで自由に大きさを変えることができるのです。また、仕上げ加工を行う必要性がない点においては、金型に流れる樹脂の流れ道を自由に制作することができるため、部品一つ一つに対して樹脂が流れる道を自由に作ることでバリ取りをあまり行う必要性がない金型を作ることができるという利点があります。以上から、射出成形におけるメリットとは量産性に優れており、自由に形を変えかつバリ取り作業を少なくする工夫を行える利点があります。