射出成形のメリットまとめ

射出成形は金型に材料を射出して成型するため、量産性が優れるのがメリットの一つ。金型さえ作っておくと、繰り返し同じ製品を作ることができます。大量に金型を用意するとハイペースで製造できるので、大規模な生産ラインを計画する際には役立つでしょう。特に金型を作るのに初期投資が必要ですが、大量生産を行う場合に負担が小さくなります。

また仕上がりも綺麗なので、これも大量生産に向く理由の一つです。すべすべとした表面が得られるので、別の工程で研磨したりする仕上げ作業の負担を軽減できます。製品一つ一つにかかる手間が少ないので、短時間で大量の製品を作れるわけです。また、形状の自由度が高いのもメリットと言えます。

多彩な形状に対応があり、現在では身近な製品の多くが製品が射出成形によって作られています。スマートフォンや家電、車のパーツも作ることが可能。小さな部品ももちろんですが、車のインパネと言った大型のパーツも対応できます。特に大型のものでは全長25mを超える射出成形の機材もあるほどです。

このように柔軟かつ幅広い対応力がありますから、樹脂の成形で迷ったらまず検討してみても良いかも知れません。また工夫次第でコストカットを検討しやすいのもメリットでしょう。これは会社によっても違いますが、設計や表面仕上げのレベルを工夫することで品質を保ちながらコストを抑制できます。まずは詳しい会社に相談して、低コストでの運用を検討してみましょう。