射出成形にはいろいろな種類がある

射出成形は、主としてプラスチック製品を製造する際に用いられる技法です。プラスチックをはじめとする合成樹脂は熱を加えると柔らかくなり、冷えると固まるという特性を有していますが、射出成形ではこれを利用し、まず樹脂等の材料を加熱したうえで金型の中に送り込みます。金型は低温に保たれているので、材料は中で固化します。これを取り出せば、思い通りの形状に材料を加工することができます。

射出成形によって作られる製品は非常に数多く、日常的に目にすることができます。中には互いにまったく似たところのない製品もありますが、これは成形に用いられる技術の種類が豊富なためです。主なところとしては、真空成形・ブロー成形・押出成形の3種類があります。このうち真空成形は、シート状の材料を柔らかくして金型に密着させた後、真空圧をかけることで型に材料を押し付けて成形するというものです。

食品トレーなど、比較的平坦な製品を作る時に用いられます。次のブロー成形は、溶かした材料をパイプ状にして金型の中に送り込み、空気を吹き込んで膨張させることによって型に押し付けるというものです。ペットボトルやポリタンクなど、内側が中空になっている製品ができ上がります。最後の押出成形では、すき間のある金型に材料を送り込み、圧力をかけてそのすき間から押し出すことで成形します。

ホースやパイプなどの細長い製品を作るのに適した技術です。これら3種類の他にも、加熱することで逆に硬化する性質を持った材料に向いている、圧縮成形などの技術もあります。