射出成形の種類についての簡略な説明

様々な用途に用いられるプラスチック製品の製造方法である射出成形、その種類はそれなりにあることはあまり知られていません。成形方法の種類について簡略に説明していきたいと思いますが、低圧、ガスアシスト、二色、インモールド、射出圧縮、反応の6種類について、それぞれの特徴点について説明をしていきたいと考えます。まずは低圧の手法ですが、この方法は金型内の圧力が大きくならないよう低圧で作業を行う分、成形品不良の代表格ともいえるバリやソリ、変形といった不良品の発生を防ぐ効果が期待できます。ガスアシスト射出成形は加圧された不活性ガスをキャビティに注力するというガスアシストの力により、型締め力の高くない成形機でも容易に成形できることが特徴点です。

二色成形は一つの成形機に2つの金型を装着し、2つの材料から1つの製品を生み出すという高い作業効率性を追求した手法であるといえます。インモールド成形は成形と同時に表面加飾することを可能としており、出来上がる製品としては付加価値の高いものを生産するのに適した手法です。射出圧縮は作業分野において射出部分と圧縮部分とを組み合わせた手法で、光ディスクや光学レンズといった製品の製造に適している。反応射出成形は金型内で反応させることによって混合組成物の組成に適しており、金型の製造品も安価で済むというと特徴点があります。

これまで見てきたように製造を委託された製品によって工程を選び、製品に適した手法を選ぶことが重要だといえます。