射出成形の細かな種類

射出成形は熱によってプラスチック樹脂を溶かした後、あらかじめ作っておいた金型に入れて形を固定するものです。それを基本とした上で、より細かな種類に分けることはできます。まず、使用するプラスチック樹脂によって大きく2通りに分かれます。比較的多いのは熱で溶かした後金型に入れて、冷やすことで固まるタイプです。

そして、それとは異なり冷やすのではなく、さらに熱を加えることで固まるタイプもあります。この場合は比較的低い温度で溶かし、金型に入れた状態でそれよりも高い温度を与えて成形します。冷やして形を固定するタイプの樹脂は、改めて高温環境になると溶けてしまいます。けれど、熱で固まるタイプはそのようなことになりにくいです。

したがって、活躍できる場面が広くなります。また、オーソドックスな形の射出成形だと1セットの金型を使用して終わりですが、複数を使用するものもあります。多色成形と呼ばれる種類で、文字通り複数の色を組み合わせた製品を仕上げられます。最初にまず比較的小さい形を作り、形を固定させ、その上からまた別の種類の樹脂を流し込む方法です。

この多色成形は射出成形のみでカラフルな製品を作ることができる他、複数の性質を持ったプラスチックを組み合わせられるという強みもあります。その強みを活かして、塗装よりも保持力の高い文字を埋め込んだり、後から手を加えることなく鎖のように組みあがった形にしたりすることができます。射出成形の種類のことならこちら