家庭用浄水器で一人暮らしを快適にしよう

日本の水道水は安全基準がしっかりと定められていますが、アパートやマンションの貯水槽や水道管が古くなっていると、カルキやカビの臭いが目立ってくるので注意が必要です。

ですので一人暮らしでアパートやマンションに引っ越す予定がある人は、家庭用浄水器で水を綺麗にするように心がけましょう。家庭用浄水器には多くのメーカーや機種があるため、どれを選んだらいいのか迷いがちです。ですが一人暮らし用に使うなら、サイズがコンパクトで設置工事がいらないものがおすすめです。その条件をクリアしたものがポット型・蛇口直結型・据え置きタイプの3つです。

ポット型は、ろ過フィルターのついたポットに水道水を入れて使う家庭用浄水器です。水をろ過するのに時間がかかるというデメリットがありますが、冷蔵庫で保管することで冷水を使えるのがメリットです。さらに保管が非常に楽なうえに、ポットのデザインも豊富に揃っています。

蛇口直結型は器具をキッチンの蛇口に取り付けて使用します。蛇口をひねると、ろ過された水道水が出てくるので、飲み水だけではなく料理にも綺麗な水を使いたい人に最適です。据え置きタイプはキッチンのシンクに器具本体を設置し、高性能のフィルターで水道水をろ過します。そのため水にこだわりたい一人暮らしの人に向いています。ろ過フィルターが大きいため、カートリッジ交換が1年に1回程度で済みますが、本体価格や維持費がほかのものより高くなるので気をつけましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *