一人暮らしに浄水器は必要?

浄水器とは、各家庭の給水栓から出てきた水道水をろ過して綺麗にする機器のことです。

日本の水道水は、水道法によって定められた数多くの検査項目をクリアしなければ給水されません。その為、水道水は人体への影響がない安全な水であると言えます。しかし、どんなに厳しい検査を通過した綺麗な水であっても、水道管や貯水タンクの劣化があれば不純物が含まれてしまいます。また水道水には、ウイルスや有害物質の混入を防ぐために次亜塩素酸が含まれています。

これによって人体へ悪影響を及ぼすことはありませんが、塩素臭や雑味を感じてしまいます。このような不安要素を取り除き、安心して美味しい水を飲むためには、浄水器が有効であると言えるでしょう。一人暮らしの場合、浄水器は必要でしょうか。日中は仕事で家を空けているなどの理由で水の使用量も少なく、市販されているペットボトルの天然水などで十分と考えている人も多いかと思います。しかし、一人暮らしであっても浄水器の設置はいくつかのメリットがあります。

ペットボトルを購入する場合、置き場所の確保やゴミの処理が必要になります。エコ対策としても、ゴミの削減はとても大切なことです。浄水機器を設置することでゴミや買い物、運搬といった負担が減ります。浄水器は水道水を使用してるので、ペットボトルを購入するよりも経済的な負担が減るでしょう。何より、美味しい水を手軽に好きな時に飲む事ができます。一人暮らしの場合は使用頻度も考慮し、省スペースにおけるものや蛇口に設置できるものがおすすめです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *