一人暮らし向けのウォーターサーバーとは

ウォーターサーバーはサーバーと呼ばれる装置を設置し、そこに濾過した安全な水やミネラルウォーターをセットして飲料水として使うものです。

ウォーターサーバーは欧米など水道の水の品質があまり良くない地域で普及した飲料水提供サービスになりますが、日本でも安全志向と健康志向から設置する家庭が増えています。ウォーターサーバーが設置される場所としては、飲食店やオフィスなど多くの人が出入りする場所が中心で、また家庭用のものでも一定の人数がいる家庭が中心であり一定の消費量があることが設置される理由になります。

一方で一人暮らしであれば消費量も少ないのでペットボトルでも充分間に合うためサーバーを設置するという人は少なめでしたが、近年では一人暮らし向けのサービスも増えています。そもそもウォーターサーバーでは冷水と温水の両方を供給できるものが一般的で夏にはいつでも冷たい水を飲めますし、またお茶やコーヒーを入れる場合や料理用のお湯もすぐに用意できるというメリットがあり、その点で選ぶ人も多くなっています。

一人暮らし向けのウォーターサーバーとしては、少量から利用できるものが選ばれる傾向にあります。特にサーバーのレンタル料が無料の代わりに水の購入にノルマがあるものはやや不向きです。またいつでも水の購入を止められる仕組みのものを選ぶことがポイントになります。ただし月額料金と割りきって、ノルマ付きのものを選べば、価格を気にしないで水が使うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *