保育園建設に必要な条件

保育園の入園を心待ちにしている中近年は私立保育園が周辺住民の反対にあってしまい、建設が中止になってしまったとうケースもあります。

保育園を建設するためには、厚生労働省が定めた基準を守る必要があります。特に保育園は園舎の広さだけではなく園庭の有無や人員配置にいたるまで細かく決められています。

これから保育園を建設するためには、まず土地を確保することがもっとも大切で、建物を建てる場所がないと話になりません。厚生労働省のガイドラインでは園の最低限の広さも決められていますし、登園や降園で園児だけではなく保護者も行き交うルートにも配慮する必要があります。

土地が確保できれば園児を保育するプロの保育士を確保する必要があります。厚生労働省のガイドラインでは0歳児は3人に1人の保育士が必要などと細かく設定されています。ただ近年給料の安さなどの理由で保育士の数は年々減少していますから、子供が好きでも仕事として続けるのが難しいと感じている人も少なくありません。

土地や保育士が確保できても周辺住民の理解がなければ建設することができませんから、事前に隣接した地域住民にはきちんと説明する必要があります。静かな場所だと思ってすんでいたのに、ある日突然子供の声に悩まされるという状況に、周辺住民が反対するのも仕方ありませんから、誠実に答えていく必要があります。

建設を反対している住民に誠実に何度も説明を繰り返すことで、完成できた例もありますから双方にとってよい結論になるように話し合いをすることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です