保育園を建設する難しさ

待機児童問題がマスコミなどで報じられていますが、待機児童問題を解消するには保育園を建設することです。

しかし、それがうまくいきませんので待機児童問題が解決せずに続いています。では、「なぜ解決しないか」と言いますとそれはソフトの面とハードの面があります。

ソフトの面とは保育園を建設するには保育士が必要ですが、その保育士の確保がなかなか難しいことが一番です。

保育士は国家資格を取得している人しか仕事をすることができません。コンビニなどのように誰でもできるというわけではないことが一番の壁となっています。

しかし、実は保育士の資格を取得している人は需要よりも多いのです。それではなぜ人手不足になるかといいますと労働環境に問題があると言われています。

子供と接するのですから責任はとても重いうえに労働時間がとても長いのが特徴です。しかも場合によってはサービス残業を余儀なくされることもありますので資格を持っている人が保育園で働くことを避けているのです。

この問題を解消しなければ保育園の建設は難しいのが実態です。

次にハードの問題ですが、これは保育園を建設した場合の騒音や人の出入りなどで不便を強いられることになる近隣住民が反対をすることが多いからです。やはり一日中とは言いませんが、日中のほとんどの時間で子どもたちの騒ぐ声が聞こえるのは近隣住民にしますとストレスになることもあります。

そのほかにはお母さん方の振る舞いも近隣の方々にとっては不快になることもあります。このソフトとハードの両方の問題を解決することが必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です