保育園の建設は何故進まないのか

近年では働く女性の増加に伴って、待機児童の問題がますます深刻化しつつあります。

子どもを保育園に預けて働きたくても受け入れ先がなく、働くことを断念せざるを得なくなる女性もいます。

なぜ待機児童問題は解消の見込みが立っていないのでしょうか。その背景には働く保育士が不足していることもありますが、それ以前に保育園自体が不足しているという事実もあります。

保育園を建設するには国で定められた基準を満たす必要があります。基準では園児を遊ばせる園庭が必要なので、その分広い土地を確保する必要がありますが、待機児童問題が深刻なのは都市部であり、地方に行くとそこまでではなかったりします。

都市部で広い用地を確保するには土地代だけでかなりの費用がかかってしまい、建設までのハードルはそれだけで高くなります。

さらに、事業者が建設を進めようとすると近隣の住民から反対が起こることが多いです。

園児の声がうるさくて困る、送り迎えの車で自宅周辺が混雑するなど、様々な理由で自宅近くに保育園が出来ることを望まない人は多数を占めます。

これは、自分がかつては子どもを預けていた人でも同様です。子どもが小学校に通うようになると自分には関係ないという感情を抱く人が多いからでしょう。用地の確保が難しいこと、近隣住民の反対にあいやすいことから、新たに保育園を建設することにはかなりの困難を伴うので、その現状を変える抜本的な方策が求められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です