保育園建設に不可欠な条件

保育園を建設するのに不可欠なのは、何と言ってもふさわしい土地でしょう。実際、厚生労働省によって準備されているガイドラインによると、園の最低限の広さが規定されています。

そのため、その条件を満たせる土地を確保することがどうしても必要です。加えて、どこに保育園を建設するかという点も大事なポイントとなり得ます。

なぜなら、登園や降園のために園児はもちろんのこと、保護者も通園ルートを毎日行き交うことになるからです。仮に通園ルートとなる道路が非常に狭いとしたら、車の通行などによって園児にも危険が及ぶことになるでしょう。こうした土地の確保に加えて、保育園建設に不可欠な別の条件は、周辺住民の良い理解を得るようにするという点です。

住民のほとんどの方が、煩わされない静かな生活を送りたいと思っているものです。そんな状況の中で、すぐ隣に保育園ができたとしたらどう感じるでしょうか。園児の声や園内放送などによってうるさくなるのではないかと心配になるかもしれません。園児によるいたずらに不安を感じる人もいることでしょう。

そこで、周辺住民の方々と事前によく話し合っておくことが勧められているのです。周辺住民の良い理解を得られるよう、なぜこの土地に保育園を建設したいと思っているかをきちんと説明する必要があります。住民の方々が抱えるかもしれない不安を一つ一つ消していくことを目的とした話し合いを根気よく続けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です